爪水虫をご存知でしょうか?水虫は皮膚だけでなく、爪の奥深くまで感染することがあります。爪水虫の治療の際は内服薬で用いることになります。外用薬では治療することはできません。爪水虫の攻略方法について解説します。

きれいな脚と花
  • ホーム
  • 床が感染源になる角質増殖型水虫はbabyfootで

床が感染源になる角質増殖型水虫はbabyfootで

きれいな脚と紫の花

水虫は白癬菌という真菌に感染すると発症する、皮膚感染症の1つです。
発症させない為には、白癬菌を皮膚に付着させない事が大切です。

実は白癬菌は床に潜んでいる事が多いと言われています。
不特定多数の人が利用する施設や、家族に水虫患者がいるという家の場合、床に白癬菌が散らばっている恐れがあるのです。
白癬菌が皮膚についたからといって、すぐに水虫になってしまう事はありません。
ただ、皮膚に付着してから24時間程度で感染すると言われています。
白癬菌が潜んでいそうな場所に出かけた場合、また家族に水虫患者がいるという時は、白癬菌が付着しやすい足の裏や指の間を丁寧に洗いましょう。
水虫といえば痒みや皮膚のジュクジュク感が強い皮膚病というイメージを、持っている方が多いのではないでしょうか。
確かに発症すると、このような症状が現れます。
しかし、白癬菌がかかと部分に感染してしまった場合、このような症状が出ないケースが多いので注意が必要です。

かかと水虫は角質増殖型というタイプで、症状としては角質が厚くなる点が特徴です。
一見すると水虫になっているとは分かりません。
単に角質が厚くなったと思い、babyfootでケアしてしまうケースもあるようです。
babyfootは市販のかかと角質ケア商品で、ケミカルピーリングでも使用されるフルーツ酸が主成分となっています。
babyfootでケアするとフルーツ酸の作用によって、厚い角質を柔らかくし除去する事が可能です。
角質増殖型の場合、白癬菌で角質が厚くなっている状態なので、いくら角質ケアを行っても改善出来ません。
babyfootをはじめとする、角質ケア商品でケアしてもかかとの角質が厚いという場合、水虫を疑ってみましょう。

関連記事