爪水虫をご存知でしょうか?水虫は皮膚だけでなく、爪の奥深くまで感染することがあります。爪水虫の治療の際は内服薬で用いることになります。外用薬では治療することはできません。爪水虫の攻略方法について解説します。

きれいな脚と花
  • ホーム
  • 水虫の患者はお湯の温度をマメに確認

水虫の患者はお湯の温度をマメに確認

きれいな脚と白い花

水虫になってしまい、痒みを感じるものの病院に行くタイミングが無いという場合は応急処置に困ってしまうものです。
悪化させないためにも、病院に行くことができるようになるまで行える応急処置の方法を覚えておくことが好ましいです。
まず、絶対に掻かないようにすることが求められます。
角層というのは、硬い皮膚に覆われているので丈夫に見受けられるものの、デリケートであるということを覚えておきましょう。
掻くほど傷が生じてしまい、容易く細菌が侵入できるようになってしまうので、感染症に見舞われやすくなります。
爪を立てて掻くことにより痒みを感じさせるヒスタミンが放たれ、再度掻くという悪循環が生まれてしまうのです。
こうした行為の繰り返しにより皮膚に生じる炎症のダメージが大きなものになるので、絶対に触れることなく我慢しなければなりません。

次に市販薬で症状を抑える方法も有効性が高いです。
病院に出向く前に自分で行うことが可能な応急処置の方法として、炎症が生じている患部に対して市販薬を用いるということが挙げられます。
辛い症状を少しでも抑えられるようになるのですが、製品選びの際にはポイントがあります。
それは、温度が高まると悪化しやすくなるので冷やすことができる冷却効果があるものを選定するようにしてください。
こうした点から、入浴時にはお湯の温度をマメに調整するという方法を取り入れるべきです。
神経に刺激が加わると症状が悪化してしまうため、お湯の温度は38度に設定し若干ぬるめでシャワーを浴びるようにしてください。
また、水虫に見舞われている時には長い時間湯船に浸かるということも好ましくないので避けるべきです。
水虫は悪化が早いという特徴があるので早めの判断が重要になります。

関連記事